ホームページ作成応援サイト

入門!ホームページNAVI

はじめに・・・

当サイトは、HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)やCSS(カスケーディング・スタイル・シート)の基礎知識とそれらのタグを使ったホームページの作り方を説明しているサイトです。もっとも大切なのは、難しいタグを使うことでも、すべてのタグを暗記することでもなく、まずは下手でもいいから自分の力でホームページを作りきることなのです。初心者の方は焦らずに基本から確実にマスターしていってください。

初心者ほどデザインにこだわると思いますが、デザインよりもンテンツ、コンテンツよりもアクセシビリティー、アクセシビリティーよりも大手の検索エンジンで上位に表示されることが重要です。それにデザインはセンスがあって、photoshopなどのグラフィックソフトが扱えることが前提なので長き道ですよ。このサイトでホームーページの作り方を学んでみてください。


ホームページとは?

ホームページ (homepage) とは、ウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページのことです。スタートページとも言われています。また、後述のように本来の意味から派生した用法もあります。

ホームページの用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できます。

  1. ウェブブラウザの用語で、ブラウザを起動した時や、多くのブラウザに存在するホームボタンを 押した時に表示されるウェブページ。
  2. インターネットの用語で、ウェブサイトの入り口、最上位階層にあたるページ。
  3. ウェブページの意。あらゆるウェブページ一般を指す。
  4. ウェブサイト全体を指す意味として。
  5. さらに飛躍して、インターネットのシステムそのものの意。
  6. 個人が運営するウェブサイト。(通常、ブログは含まない)
  7. 企業・団体が運営する公式ウェブサイト。

また、「ウェブサイト」と「ウェブページ」も若干意味が異なります。

ホームページという言葉

ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを起動した際に表示されるウェブページの事を指します。しかし、言葉の誤用が広まり現在では上記のように別の意味としても広く使われるようになり、辞書にも本来の意味と併せての用法を掲載しているものもあります。日本などの一部の国では「ウェブサイト=ホームページ」が広く誤用されてます。ウェブページやインターネット全般を指すのも本来の用法ではないのです。

日本国内では、ホームページと称する場合、の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ(本来のホームページの意味)」よりも、「ある特定のウェブサイトのトップページ」を示す用法、「ウェブページ」、の「ウェブサイト」を指して使う傾向にあります。要するに、ウェブブラウザを通して見る物を全般的に「ホームページ」とひとくくりにするのに近い形で使われています。こういった用法がマスコミなどでも多用されたことが、誤った用法を広めることに繋がったと思われます。

最近では企業・個人を問わず、各種インターネットサイトでは「ホームページ」よりも「ウェブサイト」の表記が増えている傾向にあります。加えて、更新が安易なブログが普及してきたことによって、個人の管理運営するウェブサイトの事を「ブログ」と呼ぶケースも増えています。ただしそれは、そのウェブサイトを構築しているシステムがブログで構成されていなければ誤用でです。

また、「インターネットのシステムそのもの」も誤用であり、インターネット初心者が使用することがあるのです。例えば、一切インターネットブラウザを使わないインターネット電話やメッセンジャーサービスといったものを、「ホームページ」と誤用する場合です。

また、「ホームページ」は私的なイメージであるのに対し「ウェブサイト」は公的、公式なイメージとして取り扱われる場合もありますが、本来の言葉の意味を考えると正しくはありません。

「ホームページ」をウェブサイト全体という意味で使うことが多いのは、日本や韓国、ドイツなど一部の国で見られる現象になります。アメリカでは「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ」 やの「ウェブサイトの入り口」の意味として限定的に用いられるのが一般的です。

ホームページ制作会社

ホームページを代わりに作ってくれる会社が、制作会社。ホームページ制作会社は、デザイン性・機能性に優れたホームページを制作してくれます。

おすすめWEBサイト 5選

印鑑はこだわりの開運手彫り仕上げです。完全手彫り印鑑は姓名判断をもとに作成します

印鑑

近江牛、つゆしゃぶ、和食のひょうたんや、CHIRIRI京都烏丸店・東京虎ノ門店、瓢喜<ひょうき>銀座店・赤坂店の総合サイト。各種接待から大人数のご宴会まで幅広くご利用ください。

近江牛

コピーライト